イタリア発祥の食後酒"リモンチェッロ"

今朝、起きたら鼻がぐずつくので"花粉のやつめ、いよいよ飛び始めたのか~!?"と若干おびえたバードです。
花粉かどうかは分かりませんが。



f:id:birdbear:20190217233051j:plain


爽やかなレモンのリキュール
【リモンチェッロ】

リモンチェッロは、レモンの皮からつくられる南イタリアの伝統酒です。
冷蔵庫でキンキンに冷やして、ストレートで食後酒として飲むのが一般的な飲み方です。
油っこいものをついつい食べ過ぎた時に飲むと、油分を流して消化をよくしてくれ、爽やかなレモンが口の中をさっぱりさせてくれます。

アルコール度数は約30%あります。その為、冷凍庫に入れても凍結しないので長期保存もできるし、よりキンキンに冷やして飲んでもよしです。
度数が高いのでショットグラスでいただきます。

リモンチェッロと私の出会い

リモンチェッロとのファーストコンタクトは衝撃的でした。

数年前の話。
友人が買いたい物があると言うので一緒に伊勢丹のイタリア展に行きました。
私はただのお供なので"わ~!どれも全部おいしそう~!"とぶらぶらと買うあてもなく見てまわる。

ワインにピザにパスタにハム。
チョコやジェラートもおいしそう。
気になったのは、トリュフ塩とバジルソース。
トリュフ塩は、試食で少しなめさせてもらったけどおいしかったです。
料理の腕前はごくごく普通の私でも、このトリュフ塩を使えばちょっとしたチャーハンでもワンランク上の味が出せそうな代物。
バジルソースは1人前の量が小分けされていて使いやすそうでグッド!

買おうか迷いながらも、何一つ買わない貧乏性な私がさらにぶらぶら見ていると、たどり着いたのはリモンチェッロのコーナー。

友人は、リモンチェッロも買う予定の1つのようで商品を見ていました。
いくつかのメーカーが並んでいる中、リモーネリモーネのリモンチェッロの瓶がとても素敵でした。
イタリアの形の瓶だったり、星の形だったり、バイオリン、ギター、靴の形、ほかにもたくさん。
ぜんぶかわいい(*´∇`*)

わ~、すてき!とか思って見ていると、お店のお姉さんが試飲をすすめてくれました。
しかーし!残念ながら私は運転手。無念。
一体どんな味なんだろう?と思っていたら1滴だけくれました。
運転まではまだまだ時間はあるし、さすがに1滴なら大丈夫か、と思いいただくことに。
本当にびっくりするくらいに1滴です。
果たして味なんてわかるの?と思いながらも1滴なめると

"何これ!!おいしーーー!!ヽ(・∀・)ノ"

衝撃的なおいしさ!
しかも1滴だけなのにここまでおいしさを感じることができるとは!
さすがに1滴なんて味もへったくれもないでしょ?と思っていたが、なにこのおいしさは。

おそるべしイタリア。

貧乏性の私に即買いさせるとは、驚異の飲み物です。
ちなみに私は、お酒は特別強くありません。ごくごく普通レベルです。
アルコール度数30%なんて飲んだこともございません。
そんな私でも飲めて、っていうか飲んではない。なめただけなんだけど、なんか大人になった気分。
じゅうぶん大人なんだけど。

隣で試飲していたおばさまは、飲んだ瞬間ゴホゴホッむせていました。

迷いに迷って、バイオリンの形の瓶を購入。
飲み終わったら、インテリアとして飾ってもよし。一輪挿しとして使うもよしです。
お店のお姉さんの話だと、瓶を集めるためにリピーターのお客さんも多いんだとか。
納得のかわいさ。

商品の説明とリモンチェッロを使ったレシピが書いてある紙が一緒に入っていました。

ストレートが飲みにくい人は、ソーダやジンジャエールで割って飲むといいでしょう。
アイスやヨーグルトにちょっとかけてもおいしそう。

書いてあったレシピのリモンチェッロヨーグルトゼリーを作ってみました。


リモンチェッロヨーグルトゼリー(4人分)

①鍋に牛乳150cc、砂糖大さじ2、ゼラチン小さじ2を入れて5分ほど置き、その後弱火で混ぜながら溶かす

② 火から外し荒熱をとり、無糖ヨーグルト150cc、リモンチェッロ大さじ2、レモン果汁1個分を加えてよく混ぜ型に入れる

③レモンの皮をすりおろしてふりかけ冷蔵庫で冷やし固める

出来上がり!!
爽やかな一品です。

昨年の秋、イタリア展が開催されたのでまたこのリモンチェッロを買いに走ったことは言う間でもありません。