自らをアナログ人間だと言う人が苦手

とうとう今日で10連休が終わりますね。
さぞみなさん、

明日、会社行きたくねー!!!

と今頃現実逃避気味でしょうか。

サービス業のバードには無縁の話です。
GWもがんばって働きましたよ。
忙しいGWでしたが、ようやく明日から通常運転に戻れそうです。
やれやれ良かった(*´∇`*)

f:id:birdbear:20190506220322j:plain

唐突ですが、今日はバードの嫌いなもの、嫌いな言葉について書いてみようと思います。

嫌いなものシリーズ第1弾は

「私、アナログ人間だから~」

と言う人が嫌いです。
女性に多いですね。
嫌いというか若干苦手です。

特に自分より年下の人がこのセリフを言っているのを聞くと、なんだかなぁ~と思ってしまいます。

いろいろな状況があるとは思いますが、世の中の進化についていけない、知ろうとしない、出来るようになろうとしない言い訳と感じる時にちょっと嫌悪感を抱きます。

私より若い人が何言ってるの?
ってつい思ってしまいます。

もちろん、私自身デジタルに精通しているわけではありませんが、最低限のことは出来るようにしよう!という想いはあります。
出来ないではなくて、自分で調べて少しでも出来るように努力します。

これからの時代、今までよりもっともっと変化していくと思うし、変化のスピードもより加速していくと思っています。
柔軟に対応出来ない人は時代についていけなくなります。

もちろん、自称アナログ人間はそもそもはなからついていく気がないのかもしれません。
ブレずにアナログを貫いている人はいいんです。きちんと自分の考えを貫いている人は嫌いではありません。

言い訳、逃げ腰のアナログ人間がどうも好かないのです。
そういう人って、そもそも困ると人に頼る節がありませんか?出来ないくせに、努力もしないくせに、世の中を非難しがちじゃないですか?
そういうところが、嫌いだしイラッとします。

年配の方でも、今まで全く出来なかったパソコンを一から勉強して、使えるように努力されている方もいます。

自分の親も70歳を過ぎていますが、スーパーのセルフレジが導入された時は、いつかは全てのレジがセルフレジになるだろうと想像し、あえてセルフレジを使用して練習していました。

色んなことに興味を持つこと、行動すること、これが言い訳アナログ人間にはない気がするのです。

年齢を言い訳にせず、どんどん色んな事にチャレンジしている人は魅力的に映ります。

デジタルの世界も知った上で、使い分けでアナログをチョイスするのはいいと思うのですが、出来ない・やろうともしない人がこのセリフを言うと、若干イラッとします。

まぁ、その人がどんどん時代に取り残されていけばいいんであって、私には関係ないんですけどね。

ただ、仕事面に限って言うなら、人任せにしないで努力して欲しいと思う時が多々あります。

毎回、質問される身にもなってほしい。
もちろん、努力しても出来ないならそれは仕方ありません。

私だって、詳しい訳ではないのです。
仕事上必要な事は、自分で調べて勉強します。
それなのに、
「バードさん分かるでしょ?私、アナログ人間だからさ~」
と、出来ないのが当然と言わんばかりの雰囲気を醸し出して言ってこられるとイラッとします。

ようは、努力もしない自称アナログ人間宣言する人が嫌いなのです。

今どきクレジットカードすらいまいち分からないとか言う人がいて、大丈夫?って思ってしまったことがあります。
これからキャッシュレスになろうとしている時代に、えっ!?ってなってしまいました。

これはあくまで個人的な見解ですが、この手の人って建設的な思考がなく、話もつまらない人が多い気がします。

年齢、時代を言い訳にせず、どんな事にも興味を持ち、

知ろう!解ろう!やってみよう!

という人は、話をしていても楽しいし、聞いている側も自分も成長しようという気持ちになり、良い波動を与えてくれます。

私も、これからどんどん歳をとっていきますが、歳を言い訳にして時代遅れのガチガチの頭の固い人間にだけはならないようにしたいです。