貧乳には高い壁の乳がん検診

こんばんは。バードです。
GWが終わり、仕事も少し落ち着くかと思いきや今週もなんだか忙しいです。

f:id:birdbear:20190509215313j:plain

今日は休みだったので、市で行っている集団の乳ガン検診に行ってきました。

初めて乳ガン検診に行ったのは40歳になった時。
それまでは行ったことがありませんでした。
私にとって乳ガン検診はそれはそれは高い壁がありました。

それは

超絶貧乳だから!!

です。

恥ずかしいなどという前に、

私の貧乳、挟めるの?検査できるの?
もし挟めなかったら、何もせずに帰るはめになるの?レントゲン技師さんに変な気を遣わせることになったら申し訳ない・・・

という不安の方が大きかったからです。

私の貧乳はそんじょそこらの貧乳とは訳が違うと自負しております。
(`・ω・´)キリッ

もし、全国貧乳選手権があったら全国大会は必ずいけると思います。
もしかしたら私が思っているより日本は広いかもしれないので、全国大会優勝はどうなるかは分かりませんが、県大会は間違いなく余裕で突破です。
そのくらい貧乳なのです。

検診に行く前は、めちゃめちゃ調べました。
きっと私と同じ思いをしている人がいるに違いないと思い、ネットで

乳がん検診 貧乳 挟めない

で検索(笑)

とある人のブログを見て、勇気をもらってようやく検診が実現したのでした。

そのブログの主さんも、貧乳問題を抱え、不安に怯えながらも検診に行ったようでした。

検診の際に、貧乳により挟めないかもしれないと自己申告したそうな。

そしたら、レントゲン技師さんの放った一言が

「私に挟めないおっぱいはありません」

だったそうです。

なんて心強い言葉なのーー!!!
私の貧乳問題に明るい光が差し込んできました。

そして最後にブログ主さん

「貧乳で行くのを迷っている方、
大丈夫ですよっ!
私、挟めましたー!!!」

この言葉が私の背中を押してくれ、ようやく検診に行くことが出来たのでした。

初めてのマンモグラフィー。
検査には来たものの、ブログ主さんは大丈夫だったけど私は本当に大丈夫なのだろうか!?と、いささか不安を持ちつついざ中へ。
レントゲンを撮ってくれる方は優しそうな感じの方で少しホッとしました。

一応、

「本当に胸ないですけど大丈夫でしょうか?挟めますか?」

自己申告をしつつ尋ねてみると

「大丈夫ですよ~。痛かったら言ってくださいね。」

と優しく言ってくださり、何と私の貧乳を挟んでくれました!

「挟んでもらえるなら、痛さなんて大丈夫です!!本当にすみませんっ」

と感謝と謝罪を述べる私。

右左、縦に挟むこと2回。
そして、斜めに左右挟むこと2回。

無事に4回挟んでくれました!

マンモグラフィーはかなり痛いとよく聞きますが、私は痛さよりも挟んでくれる感謝の方がはるかに上回っていたので、痛みなんて全然我慢できました。

それにしてもお姉さん、すごい腕前。

感謝しかありません。
検査中、挟まれるたびに心の中では「お姉さん、挟んでくれてありがとう!」という言葉しかでてきませんでした。

家に帰ってから、姉に初めての乳ガン検診の報告をメールでしたら、姉は「去年は本当に痛くて、夜まで痛かったよ」と返事がきました。

そうかー、実際はそんなに痛いんだー。
なにせ私は圧倒的に

痛い < 挟んでくれてありがとう

というかんじだったので、痛さの面においては余裕で耐えられたのでそこは良かったのかもしれません。

そんな訳で、2年ぶりの今日の検診は意気揚々と向かいました・・・

と言いたい所ですが、そうはいってもまだ2回目。
1回目はお姉さんの腕前が最強だったのかもしれないし、今年はどうなるかは分からないから調子にのるなよ、と頭の片隅でささやく悪魔のような声が。

ドキドキしながら迎えた今日も、とても優しいお姉さんで、大丈夫ですよと何回も言ってくださいました。
若干、大変そうでしたが(苦笑)

今年も、貧乳によりお手間とらせてすみませんという謝罪と、挟んでくれてありがとうの感謝を伝え、無事に帰ってきました。

ただ今回検査中に、お姉さんに面倒かけるのも申し訳ないし、次回は個人で医療機関に行ってエコーでの検査にした方がいいのかなぁとぼんやり思ったりもしました。

最後に。
今回、髪をしばっていくのをすっかり忘れていて、レントゲンのじゃまになるので、髪が長い方は検査の時はしばられたほうがいいかもしれません。

それではこの話はまた2年後に。