40歳を過ぎるとあちこち身体に異変が起こる

こんにちは、バードです。
今日は仕事は休みです。

先日、目の痛みについて触れましたが今度は足に痛みがあらわれました。
目の痛みは、約2週間ほどでようやく治まり歓喜したのも束の間。

日曜には公園で緑に癒され、動物とふれあって楽しんだ1日。
目の痛みともおさらばし、心身ともにリフレッシュもして「よし!がんばるぞ~!」と寝て起きた翌朝、右のふくらはぎが痛い。

なんで?筋肉痛にしてはおかしい。公園を筋肉痛になるほど歩いたわけでもないし、痛みは片足だけ。
謎だ。
歩き出しが痛くて、一歩目に「あたたっ!!痛っ!!」
となるのだ。
2日間痛みは続き、ようやく治ったと思った翌朝。
起きようとしたら、今度は左足の付け根が痛いのだ。座っている時は全く痛みがなく、立ち上がろうとするとまた「あたた・・・痛っ!!」となり、今日に至る。

私の身体はどうなっているのだ!?
とにかく40歳を過ぎてから、何かしら不調がちょこちょこ出始めました。
ひとつ終わるとまたひとつ別な何かが起こるのです。

世の中の中年世代はみんなこんな感じなのでしょうか?
でも私がやっているボディコンバットに参加している人たちは、私より年上の人が多いですがみんな本当に元気です。
なんなら私よりずっとずっと元気で体力もあります。

そもそもあそこに参加している人たちを基準にしてはいけないのでは?と思えてきました。
あそこ以外の世の中の人たちは、きっと私のように日々何かしらの不調と戦っているに違いない。きっとそうだ、と思うことにしないとなんだかやってられない。中年はみんなしんどいのだ、元気な人たちのほうが少ないのだ。たぶん。

以前、アメトーークでオジさんたちという回があったのだが、そこで蛍ちゃんが「絶好調の日なんかないでしょ?365日で奇跡の2日くらいかな!」と言っていたのがなんとも心強く感じる(笑)
あぁ、私だけじゃない。中年オジサン、オバサンはみんな日々不調に耐えてがんばっているんだ、と思うと少し耐えられます。

そして、40歳を過ぎて気を付けている事は「とにかく無理をしない」ということ。
昔なら少しくらい体調が悪くても出掛けたりしていたけど、この歳になると無理がたたり、結果恐ろしいことになりかねないので無理はしないと心に決めています。
おかげで最近は全くボディコンバットに行けていません。
今日も行きたいけれど、痛みが消えるまではがまんがまん。
来週、友達と県外までボディコンバットをやりに行くのでそれまでになんとか治さないと!
せっかく行ったのに見学なんて悲しすぎるし。

世の中年オジサン、オバサンたちよ。
今日もお互い不調に耐えてがんばりましょう。